ウォーターサーバーの2つの水

ウォーターサーバーが提供している水には、主にOR膜を通したものと天然水の2種類に分けられます。

OR膜を通すと水中の雑菌、異物、塩素などの不純物を取り除くことができます。
家庭用浄水器よりも性能がよく、ほとんどの不純物が取り除かれます。
しかし、ミネラルも一緒に取り除かれます。そのため、ミネラルを添加している会社もあります。

OR膜を通すことで安全な水になるので水源を選びません。
水道水を利用している会社が多いようです。そのため割安になります。

天然水は地下水を水源としています。人工的にミネラルを添加するのではなく、地層を通過するときに水にミネラルが溶け込んでいます。
ミネラル含有量によって味が違うので、採水地によって水の味に変化がでます。
富士山の麓から採水した水がよく利用されます。天然水は健康志向の方に人気があります。
きれいな水源を探していて品質管理がされているので安全です。

どちらが体によいということはありません。味、値段などで好みのものを選んでください。

コメントを残す